:

COVID-19に関して

注意:2020年12月21日から、ベラルーシ国民及び外国人の陸路でのベラルーシからの入出国が一時的に停止されます。ミンスク国際空港で入出国については、本制限措置は適用されません。

満6歳に達した外国人は、ベラルーシの永住許可(разрешение на постоянное проживание)または一時居住許可(разрешение на временное проживание)を有する場合を除き、紙媒体または電子媒体にて、新型コロナウイルス感染症の陰性証明書の原本または写しを所持しなくてはなりません。検査は、ベラルーシの国境を越える日から3日以内(国境を越える日を含む)にPCR方式で行われ、証明書には、氏名、国籍、検査日、検査結果がベラルーシ語、ロシア語、英語のいずれかにて明記されている必要があります。証明書を所持していない場合及び内容に不備がある場合には、入国拒否の事由となるため、ご注意ください。
 
保健省の公式サイトに掲載される新型コロナ感染症が確認されている国リスト(ロシア語のみ)に掲載されている国からベラルーシに到着するベラルーシ国民及び外国人は、ベラルーシ入国日から10日間の自己隔離が義務づけられます。なお当該ルールは、ベラルーシ入国前の直近の滞在国(但し航空便を乗り継いで到着する場合は、最初の出発地ではなくベラルーシ入国前の最終経由地)が同リストに掲載されているか否かを基準として運用されています。自己隔離期間満了まで、ベラルーシ国境を越えることはできません。

本措置の例外となる主なケースは以下のとおりです。
♦近親者の重病又は死亡に関する通知によりベラルーシを訪れる者、及びその付添者。
♦24時間以内にベラルーシから出国することを証明する書類を所持し、ベラルーシ領域を通過する外国人。24時間を超過してベラルーシ国境を越えて通過する者は、陰性証明書の所持をもってのみ、通過が認められる。

詳細については、駐日ベラルーシ大使館の領事部までお問い合わせください。 

ベラルーシ共和国国境委員会サイト(英語)

在ベラルーシ日本国大使館サイト(日本語)

 

Belarusian Diplomatic Missions

All Missions Belarus' Foreign Ministry
Go to